【用語解説】バニラと○○バニラの意味を教えてよ? - ハースストーン1日1枚

あなたの暮らしに、Hearth Stone。

ハースストーン1日1枚

google ページ単位広告


Google Ad ヘッダー




Google Ad 投稿記事




用語解説

【用語解説】バニラと○○バニラの意味を教えてよ?

更新日:


バニラカード代表

今回は"バニラ"です。
みなさんはバニラと聞いて何を思い浮かべますか?
バニラアイスとかバニラエッセンスでしょうか?
あの甘い良い匂いがカードゲームとどう関係あるんでしょうか。
詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




ハースストーンでの意味

バニラとは"能力を何も持たない"カードのことです。
例をあげればチルウインドのイエティ烈火の戦斧です。
テキストを書く欄に何も書かれていないカード達ですね。
過去のカードゲームではほとんどミニオンに使われる言葉だったのですがハースストーンでは武器カードが存在しており、そのカード種にも使われています。

使われるシーン

カードの解説や評価の場面でよく使われます。
「ボルダーフィストのオーガはバニラな分スタッツが高い」なんて使われますね。フレイバーテキストでも彼はそのことに言及してます。
烈火の戦斧バニラな分イーグルホーンボウの劣化」なんかも最近だと言われます。可哀想に。

スポンサードリンク




語源

バニラと言えばバニラアイス。冒頭でいった通り、バニラアイスが語源となっています。
ではなぜバニラなのか。その答えは色にあります
バニラアイスと言えば普通は真っ白なアイスクリームですよね?
そして、バニラカードと呼ばれるカードたちもそのテキスト欄は"真っ白"…。
そう、「テキスト欄に何も書かれていない=真っ白=バニラアイス=バニラという連想ゲームによってできた言葉なのです。

スポンサードリンク




派生した言葉

この言葉には派生した用語があります。
テキスト欄に一つの能力語(挑発、聖なる盾、突撃、etc...)のみが書き込まれているカード、能力が一つのみのカードはフレンチバニラと呼ばれます。

フレンチバニラ代表

フレンチバニラとはバニラアイスの味の種類の一つで、カスタードベースのクリームを使いバニラ味よりもより濃厚で豪華な味になっています。
テキストなしに比べたらちょびっとだけ豪華…そういったニュアンスがフレンチバニラにはありますね。

スポンサードリンク




実質バニラという存在

この世には実質バニラという可哀想な存在があります。

実質バニラ代表

アングリーチキンのように"能力を発動する機会が極端に少ない、もしくは発動しても意味がない"カードは実質バニラという不名誉な称号を得ます。
実質バニラのカードは"能力を持ってるからスタッツが低いが能力を発動する機会は稀"という悪いとこどりのカードになってしまっています。
ただ弱いカードとして認識されたりもします。

しかし、拡張を経るにつれてこのようなカードは少なくなっている気はしますね。

スポンサードリンク




まとめ

バニラとは"能力を持っていないカード"のこと。
フレンチバニラは"能力語一つを持っているカード"のこと。

いかがでしたでしょうか。
まだまだ記事は少ないですが、少しづつこのように充実させていきたいと思います!

sheaplz

google ad 広告用スペース




google ad 広告用スペース




Google Ad 投稿記事




関連コンテンツ



-用語解説

Copyright© ハースストーン1日1枚 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。