【コボルトと秘宝の迷宮】新カード評価~嘘でしょ!プリレジェなど~ - ハースストーン1日1枚

あなたの暮らしに、Hearth Stone。

ハースストーン1日1枚

google ページ単位広告


Google Ad ヘッダー




Google Ad 投稿記事




カードレビュー

【コボルトと秘宝の迷宮】新カード評価~嘘でしょ!プリレジェなど~

更新日:


三星です。

新たにカードが5枚発表されました。
プリーストのレジェンドミニオン、シャーマンのレジェンドミニオン、中立のレジェンドミニオンと大盤振る舞いな内容です。

世界揺さぶるグランブル

ShaSEKAIYUSABURUGURANBURU

基本性能

シャーマンの6マナ7/7レジェンドエレメンタルミニオン。他の仲間のミニオンを全て手札に戻しそのマナコストを(1)にする。

毎度おなじみシャーマンのエレメンタルレジェンド。

6マナ7/7とパワフルなスタッツ。
ただ、場のミニオンを全て手札に戻すので普通のミニオンを戻したら単純にテンポロス。
コンボを狙っていきたい。

全て雄たけび効果であるエレメンタルとは相性が良い。
マナコストが(1)になるのオズラック との相性も良い。 
原始の王カリモス とコンビを組める。
環境最後のエキスパンションなのでウンゴロのエレメンタルシナジーを押したデッキが作れるようなカードを入れてきたのか。

アヤ・ブラックポー翡翠の精霊 などの翡翠でも便利。
翡翠の再利用が強いことはローグで証明済み。

予想される運用

最もお手軽なのがエレメンタルと翡翠
どちらにしてもいつでもしっかりアドバンテージを取ってくれる。

最もポテンシャルがあるのがコンボ利用。
(1)マナのミニオンは悪いことが(相手が)死ぬほど出来ることは酒場の喧嘩で証明済み。
ただ一旦ミニオンを場に出してから手札に戻して(1)にするなどという動きを前提にしたコンボは弱いだろうか。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

エレメンタルデッキではしっかり仕事をするだろう。

OPカードになれるかどうかはコンボの研究次第だ。

スポンサードリンク




親切なランプの精

基本性能

パラディンの3マナ2/4エレメンタルミニオン。ターン終了時にヒーローの体力を3回復する。

光の井戸生命力のトーテム か。

ターン終了時に回復できるのでとりあえず3は確定。
その点で温泉の守護者大地の円環の遠見師 とも互換関係。

最低限のスタッツも持っているのでアグロにとっては悪夢のようなカードだろう。

予想される運用

素直な使い方は対アグロメタタール・クリーパー との併用もできる。

次に回復シナジーを期待したデッキ。
ブラックガード などのカードがあと1枚程度出ればデッキになるか。

更にエレメンタルデッキという可能性…はないか。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

アグロメタとしてかなり優秀。
更に回復シナジーを加えたデッキでは優先採用だろう。

スポンサードリンク




テンポラス

PriTemporus

基本性能

プリーストの7マナ6/6レジェンドドラゴンミニオン。相手は2ターン得る。その後、自分も2ターン得る。

ベネディクトゥス大司教 につづく面白レジェンドミニオン。
ノズドルム よりもよっぽど時を操っている。

このカードを出すとターンが終了し、相手のターンが始まる。
そのターンを終えると相手のエクストラターンが始まる。
そのターンを終えると自分のターンが始まる。
そのターンを終えると自分のエクストラターンが始まる。(参考

以上のように非常にハイリスクハイリターンなカード。
M:tgには追加ターンを得た後、ターン終了時に敗北する効果があったがそれと似ている。
が順番が逆。

順番が逆ということが非常に問題でこのカードを場に出した後、相手の2連続行動を耐えなければならない。
エクストラターンが有ればOTKが簡単になることはメイジでご存知の通り。
相手の盤面が空だとして大量のミニオン展開から一気にヒーローのヘルスを削られることもありうる。

予想される運用

コンボデッキが一番。
2ターンあれば30点以上のダメージをたたき出す方法はいくらでもあるだろう。

それ以外はコントロールが候補に挙がる。
2ターンで相手にミニオンを大量展開させ全体除去で一掃という動き。
が捻じれし冥界 クラスの強力な全体除去がないと厳しい。

ただ公式がドラゴンコントロールを押しているのでそれに入れてくれということかもしれない。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

1点

コンボデッキが活躍できるほどの遅い環境ならばデッキが成立する。
それでもラザプリに勝てるわけがない。

ドラゴンコントロールが出来るかどうかはこれからの発表カード次第。

スポンサードリンク




荒らくましい守護者

DruGrizzledGuardian

基本性能

ドルイドの8マナ3/5獣ミニオン。挑発と断末魔で(4)以下のミニオンを2体招集する。

何かの守護者。
守護されていたものはもしかして2体のミニオンか?

8マナにして3/5という4マナ相当の貧弱スタッツ。
召集能力をもったセンジン・シールドマスタ

挑発と断末魔の相性は抜群。
この効果は実質2ドローしマナコストを踏み倒して場に出す効果だと思えばこの高いマナコストはやむなしか。

ミニオンを場に残す能力は随一。

予想される運用

挑発、断末魔、高コスト、この3つの符号が意味するものは一つ。
ハドロノックス
出番だぞ!ハドロノックス!

挑発デッキ、断末魔デッキどちらにも採用できるスペックだろう。
ドルイドはマナ加速で低マナを埋める特性上低マナミニオンが少ないデッキ構成を自然に作ることが出来る。
このカード→蝕まれしトーレン &蝕まれしトーレンなんて出てきたら悪夢のようなしぶとさだ。

優秀な断末魔や挑発をたっぷり加えたデッキが活躍しそうだ。
ただ、このカードは打点にはならないのでどういう形でフィニッシャーを用意するかが課題になるだろう。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

挑発断末魔デッキのエース。
まさしくこのカードを軸にしたデッキになる。

シルバーヴァンガードとの違いは挑発があるかなしか。
無視されるかされないかで全く評価が違ってくる。
あれ、このカードも8マナだからシルバーヴァンガードで呼べるなぁ。

スポンサードリンク




キング・トグワグル

NewKingTogwaggle

基本性能

中立の8マナ5/5のレジェンドミニオン。デッキを交換するが、身代金を払えば返してくれる。

コボルトと秘宝の迷宮のボス。
身代金は5マナ。

デッキを交換するという前代未聞のカード。
と、思ったがこの方がいた。
ラファーム

スタッツは5/5と弱めだがこの効果はすごい。
空のデッキを送ったら相手のドローをロックできる。
相手が手札10枚の時に使えば相手は身代金をもらえない。

予想される運用

基本的な使い方は空のデッキを相手に送りつけてドローロック、ターンスキップを狙うことだろう。

デッキを引き切るための最高の相方としてアルネスが存在する。
さら号泣のバンシー という自らデッキを燃やすカードもある。
カードが一枚もないカスデッキを相手に押し付けてやろう。

身代金にマナ呪縛呪文相殺 が決まれば勝ち。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

1点

面白コンボデッキが出来るが環境がそれを許してくれるかどうか。
このデッキ相手には手札に軽い呪文をキープしておけばよい、という戦略をされたらコンボもくそもないのもマイナス点。

所詮は面白レジェンド枠か。

スポンサードリンク




sheaplz

google ad 広告用スペース




google ad 広告用スペース




Google Ad 投稿記事




関連コンテンツ



-カードレビュー

Copyright© ハースストーン1日1枚 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。