【コボルトと秘宝の迷宮】新カード完全版:ウォリアー - ハースストーン1日1枚

あなたの暮らしに、Hearth Stone。

ハースストーン1日1枚

google ページ単位広告


Google Ad ヘッダー




Google Ad 投稿記事




カードレビュー

【コボルトと秘宝の迷宮】新カード完全版:ウォリアー

更新日:


三星です。
全てのカードが公開されました。
今回はウォリアーのカードをまとめて評価します。
以前評価したカードは以前の評価とほぼおなじです。

それではどーぞ。

スポンサードリンク




ミニオン

宝飾のゴーレム

WrrGemstuddedGolem

基本性能

ウォリアーの6マナ5/9ミニオン。挑発 自分が装甲を5以上持つ場合のみ攻撃できる。

攻撃できない可能性があるがかなり固い挑発ミニオン。

とりあえず挑発を持っているので動けなくてもタールロード 並の仕事はする。
クトゥーンがなくても強かった闇アラコア よりヘルスが2も高い。

装甲5という数値が難しいかどうかが問題。
返しのターンでシールドブロック などの装甲ゲット呪文を使えば余裕な気がする。

非常に強い挑発ミニオン。

予想される運用

挑発ウォリアーとコントロールウォリアーで活躍できる。

挑発ウォリアーでは動けなくともスタッツが恐ろしく高いので勝手にカード2枚などと交換できるだろう。
相手がもたもたしていたらクエスト達成してGGだ。

コントロールウォリアーでは6マナ5/9ミニオンとして積極的にトレードを取れる。
末恐ろしいミニオンだ。

テンポウォリアーでも選択肢として出てくる

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

装甲を得るデッキなら必須級。
便利な強さ。

コボルトのバーバリアン

WrrKoboldBarbarian

基本性能

ウォリアーの3マナ4/4ミニオン。ターン開始時に、ランダムな敵に攻撃する。

ランダムな敵を攻撃するがその分スタッツが高い。

4/4であれば3ターン目に出したとき不利なトレードとなる相手はほぼいないだろう。

ただゲーム後半になると話は別。
自らイセラ にぶつかっていき破壊される彼の姿が見える。

また、相手のヘルスを攻めたいときか攻めたくないとき自分自身で操作できないのも問題。

予想される運用

ゲーム後半までもつれ込ませたくない、
相手の顔でもミニオンでもどちらを攻撃しても良い。

となるとやはりアグロデッキで採用されるだろう。

ただ海賊デッキでの3マナはもうブラッドセイルの狂信者泡を吹く狂戦士烈火の戦斧 でいっぱいなのでどの枠に入ることになるだろうか。

それでもこのカードのデメリットは厳しいものがありそうだが。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

2点

アタック4が欲しい時に採用されるだろう。アグロデッキで。

スポンサードリンク




カワキヒゲの鎧職人

WrrDrywhiskerAromorer

基本性能

ウォリアーの2マナ2/2のミニオン。敵のミニオン1体につき装甲2を獲得。

コボルトの鎧職人。

ガジェッツァンのセレブ が可哀想になる回復ミニオン。
カルトの薬師 も形無し。

2マナで大量の装甲を得れるので大暴れとのコンボが強烈。
シールドスラム もあるのでシナジー先には困らない。

予想される運用

コントロールデッキ、もしくは装甲を重視するミッドレンジ系のデッキにおいての回復手段。
つまり対アグロメタカードとして活躍するだろう。

逆に言えば装甲を積む必要がない相手の場合は弱い。
コントロールとコンボを見た場合役に立たなくなるだろう。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

アグロカードとしては優秀なうえに装甲を使ったコンボにも使える。
大暴れとのコンボはミッドレンジデッキも渋い顔をするだろう。

スポンサードリンク




地彫り師イップ

WrrGeosculptorYip

基本性能

ウォリアーの8マナ4/8ミニオン。ターン終了時、自分の装甲の値(最大10)と同じコストのミニオンを召喚する。

4/8は6マナ程度のスタッツ+ランダムなミニオン召喚。

2マナ程度のミニオンを召喚出来れば御の字。
5マナ以上のミニオンが召喚されたら十分仕事をしたといっていい。

装甲をためるということはそれほど難しいことでもない。
シールドブロックかかって来い! などで増強可能。
とくにかかって来い! の場合10マナ時に一緒に使えば10マナミニオン確定。

予想される運用

コントロールデッキでのフィニッシャー。
ウォリコンでは装甲を増強することなどあまりに簡単すぎるので放たれし激昂ヤシャラージュ 以上の活躍をしてくれる。

それ以外のデッキでは装甲を積極的にためることは少ないのでデッキに採用するほどではない。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

コントロールデッキでは絶対採用。

それ以外ではう~ん。

スポンサードリンク




呪文

未鑑定の盾

WrrUnidetifiedShield

基本性能

ウォリアーの6マナ呪文。装甲を5獲得する。手札になった時ボーナス効果を得る。

未鑑定シリーズ最後の一つ。

ボーナス効果は以下の通り。

・装甲を更に10獲得する。
・5ダメージを与える。
・5/5のゴーレムを召喚する。
・5/2の武器を装備する。

WrrUnidetifiedShieldAbility
どの効果も使い道がある優秀な効果。
そして時間稼ぎに十分効果的なものばかり。

装甲を得ることとシナジーを持つカードも多いのでその点でも優秀。

予想される運用

コントロールウォリアーに採用されるだろう。
どの効果も単体で優秀なためすんなり採用できる。

ただ問題は枠があるかどうか。
またコントロールデッキにおいてこのようなランダム性が受け入れられるかどうかが問題だ。

ミッドレンジウォリアーの対アグロメタカードとしての役割も持てる。
3つの効果は回復と同時に相手のヘルスを攻めていけるので圧力を与えるカードとしても使える。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

コントロールウォリアーへの優先採用かつアグロメタカードとして。

スポンサードリンク




大暴れ

WrrRecklessFlurry

基本性能

ウォリアーの3マナ呪文。装甲を全て消費して全てのミニオンに装甲と等しい値のダメージ。

シールドスラム の全体版。
ただし装甲は失われる。

わずか3マナでの全体除去は驚異。
コントロールウォリアー垂涎のカードだろう。

盤面に存在するミニオンに顔を殴られても装甲を失うので装甲を失うことはそれほどのデメリットでもない。

ヒロパでいつでも装甲を2得れるので5マナで全体2点にもなる。
弱いがいざというときに。

役割が魚のエサ と若干かぶる。

予想される運用

装甲を重視するコントロールウォリアー必須のカードだろう。

ミッドレンジ系のデッキであっても装甲を得るカードを複数入れていれば十分使える。
乱闘 と選択、もしくは共存させてもよい。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

絶対に新環境で使われるカードではあるが、どんなデッキにも入るわけではないのでこの点数。

ウォリアーの除去力に悶絶する日も近い。

スポンサードリンク




ミスリルの小呪文石

WrrLesserMithrilSpellstone

基本性能

ウォリアーの7マナ呪文。呪文石サイクルの一つ。5/5のミニオンを1体召喚する。武器を装備するとアップグレード。

アップグレードすると1体ずつ召喚されるミニオンが増える。
WrrLesserMithrilSpellstoneALL

7マナで5/5が1体ではもちろん弱い。
2体で双皇帝ヴェク=ロア程度。たぶんそれより弱い。
3体でやっとだがドラゴンファイアポーションで一掃される。

5/5が3体は強いのか。
弱くはないだろうが対応は割と簡単だ。

何より出したターンに何もしないのと除去が容易なのが問題だろう。

ちなみにミスリルゴーレムはまだ公開されてないのでもしかしたら効果持ちなのかもしれない。

予想される運用

武器が何より必要なので、武器を除去のためにいれたコントロールウォリアーだろうか。

ミッドレンジで一気に決めるために使っても良い。
というかそっちの方が強い気もする。

7ターン目に5/5を3体、次のターンにゲームセットだ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

1点

効果が単純に弱いが5点以上の全体除去がない環境ならば入りうる。
ただそれでも消極的な採用になるだろう。

中型ミニオンを大量展開することで何らかのシナジーが出てくればあるいは。

スポンサードリンク




パーティを組もう

gazzeringParty

基本性能

ウォリアーの6マナ呪文。ミニオンを1体招集する。

秘宝の迷宮へ一緒に向かう仲間を募集するシーンを再現したカード。

招集という新しいキーワード能力。
公式サイトからその能力を引用しよう。

「招集」はデッキからランダムなミニオンを召喚する能力で、「コボルトと秘宝の迷宮」の冒険者たちに関連するカードにだけ登場する。

ミートワゴンの様にデッキからミニオンを呼び出し場に出す能力。
・何のミニオンが出てくるかわからない。
・雄たけびは発動しない。

ただデッキに入っているミニオンが1体だけであれば確実に特定のミニオンを場に出すことが出来る

6マナで7マナ以上のカードを場に出すことが出来ればバリューを得ることが出来る。
これで一番出したいミニオンはやはりイセラリッチキングの様なアドバンテージを得ることが出来るカードだろうか。

予想される運用

ビッグプリーストとして活躍しているデッキのように、バーンズ放たれし激昂ヤシャラージュらを採用したデッキがウォリアーでも作られる可能性がある。
また単純にコントロールウォリアーなどの重いミニオンが多数入っているデッキでは採用の候補にはなる。
ただコントロールデッキにおいてランダム要素は少し嬉しくないだろう。

ミニオンを使ったコンボデッキでの採用も考えられる。
実質的にデッキ内の特定ミニオンの数を増やすことが出来るのでコンボの安定化につながる。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

1点

単純な効果だが有効に使えるデッキを作ることは難しい。
6マナが重く出てくるミニオンを予想できる状態でないと強みを生かせない。
イセラやリッチキングを6ターン目に出す程度ではデッキになるほどの強さはない。

ただ、これの相方となるような単体で強いミニオンが出てくれば評価は一変する。
10マナかつデメリット雄たけび持ちでとんでもない強さのミニオンが出たらこのカードは途端に壊れカードとなる。
実際元祖カードゲーム、マジックザギャザリングでもサーチとコスト踏み倒しを同時に行うカードは悪さをしてきた歴史がある。
他のカードデザインの制限になってしまう可能性も含めてこの点数。

スポンサードリンク




武器

刃のガントレット

WrrBladedGauntlet

基本性能

ウォリアーの2マナ0/2武器。この武器の攻撃力は装甲と同じ。ヒーローへは攻撃できない。

武器付きガントレット。
装甲が上がると武器が豪華になる。

武器版シールドスラム
これで全て説明できてしまう。

ウォリアーには装甲を得ることが出来るカードが多いのであっさり5ダメージなど与えることが出来る。

不安定ながらも2斧の不在をカバーできるか。

予想される運用

シールドスラム と同じく、装甲を過剰に得ることが出来るデッキとの相性が抜群。

2体確定除去と考えたらどれだけ強力かわかるだろう。

往年のコントロールウォリアーよろしく装甲重視したデッキが出てくるか。

逆に装甲を得る必要がない海賊ウォリアーなどには無用の長物。
見た目は海賊の武器みたいなのに残念だ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

コントロールウォリアーでは異常なほど強力。
この武器のために装甲重視のコントロールウォリアーが作られるだろう。

懊苦難刃

WrrWoeclieaver

基本性能

ウォリアーの8マナ3/3レジェンド武器。攻撃するたびにミニオンを招集する。

ついに出たウォリアーのレジェンド武器。
攻撃するたび友達増えるよ。
日本語名もうぉーくりーばー。ローグの武器名と違ってダサい。

パーティを組もう と同じくランダムなミニオンを招集。
あれが6マナ呪文なのでその効果を3回使える8マナ武器は破格も破格。

出したいミニオンはやはり強力なフィニッシャー。
招集効果を最大にするために専用構築にしたいところ。

中型のミニオンが出てきたとしても3回も出てくるので十分仕事をしたと言って良いだろう。
除去とミニオン展開を同時にこなす、カードアドバンテージとテンポを同時に得れる優秀なカード。

予想される運用

コントロールウォリアーでのフィニッシャー。

このカードでグロマッシュ・ヘルスクリームイセラリッチキング が連続で出てきたらさすがにきつい。

さらに除去やミニオン展開も同時にやってくるんだからたまったものではない。

ミッドレンジデッキであってもこの武器を全て振り切れるならば採用の選択肢として十分。
4マナ5マナのミニオンがポンポン追加されたら相手はその圧力をさばききれないだろう。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

このカードが当たったらコントロールウォリアーを作りなさいという神からのお達し。
約束された強さだ。

ウォリアー総評

カワキヒゲの鎧職人 3点
コボルトのバーバリアン 2点
宝飾のゴーレム 3点
地彫り師イップ 3点
大暴れ 3点
未鑑定の盾 3点
パーティを組もう 1点
ミスリルの小呪文石 1点
懊苦難刃 4点
刃のガントレット 4点

装甲を重視したコントロールウォリアーの出現に相当期待している。
刃のガントレット大暴れ懊苦難刃地彫り師イップ宝飾のゴーレム と大量に装甲ウォリアーようのカードが投入されてデッキの形は出来そう。
装甲をためるカードに単体で強そうなカードが未鑑定の盾シールドブロック 程度しかないのが心配。

アグロミッドレンジ向けに良いカードはもらえなかった。
海賊ウォリアーは中立カードを入れたいが今のカードを押し出すようなカードはない。
デッキ変わらずでTierは少し下がりそうだ。

自傷ウォリアーなんていうデッキがあったがそれ向けカードは一枚もなし。
なんでじゃ。あれで完成なのか。

sheaplz

google ad 広告用スペース




google ad 広告用スペース




Google Ad 投稿記事




関連コンテンツ



-カードレビュー
-

Copyright© ハースストーン1日1枚 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。