あなたの暮らしに、Hearth Stone。

ハースストーン1日1枚

google ページ単位広告


Google Ad ヘッダー




Google Ad 投稿記事




カードレビュー

【コボルトと秘宝の迷宮】新カード完全版:シャーマン

更新日:


三星です。
全てのカードが公開されました。
今回はシャーマンのカードをまとめて評価します。
以前評価したカードは以前の評価とほぼおなじです。

それではどーぞ。



ミニオン

ざわめきのエレメンタル

ShaMurmuringElemental

基本性能

シャーマンの2マナ1/1エレメンタルミニオン。このターン、次に出すカードの雄たけび効果を2回発動させる。

ブラン・ブロンズビアード の再来。
ただし、スタッツと効果共に弱くなっている。

スタッツは1/1と貧弱極まる。
コンボ専用カードだろう。

エレメンタルである点は偉い。
エレメンタルには雄たけび効果ばかりなのでデッキにあっている。

原始の王カリモス とのセット使用はロマンだ。

予想される運用

コンボデッキでの運用が一番可能性が高い。

さっと思いつくものが進化シャーマンでの使用。
ドッペルギャングスター とのコンボで7マナで5マナが5体。
進化 とのコンボがより強力になる。

また、告死隠者スロール の雄たけび効果にも反応するので一気に4コスト高いミニオンに変身。
相手も呆然だ。

次にエレメンタルデッキでの使用。

これは各エレメンタルが雄たけび効果を持っているので安定してこの効果を生かすことが出来るだろう。カリモスの下僕 での2枚発見ブレイズコーラー での10点ダメージ、どちらでも強力。

また、翡翠デッキでも使える。
翡翠のゴーレムを出す効果は雄たけびが多いの一気に翡翠を育てることが出来る。

使い方が多い楽しいミニオンだ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

2点

コンボデッキが許される環境かどうかが全て。
コンボでなければそれほど強くないと感じる。

スポンサードリンク




ウインドシア・ストームコーラー

ShaWindshearStormcaller

基本性能

シャーマンの5マナ5/5ミニオン。味方に基本トーテムが4体いる場合風の王アラキア がを召喚する。

嵐を呼ぶ男。呼ばれる風の王アラキア
そこはストームウォッチャー ではないのか。
見てるだけだからダメなのか。

盤面を6つも使わなければアラキアを呼べない。
しかし5マナ5/5という最低限のスタッツを持っているので安心。

この拡張ではこれ以外にもたくさんのトーテムシナジーカードが存在する。

予想される運用

基本トーテムを重視したトーテムデッキだろう。
アラキアを召喚出来ればとんでもないアドバンテージ。
このデッキのフィニッシャーとなる。
邪悪な呪術医 も浮かばれる。

これ以外のデッキには入らない。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

トーテムデッキのフィニッシャー。
このカードが手に入るとトーテムデッキを作らねばならない。

羽虫を打つがごとくよ!

コボルトの隠者

ShaKoboldHermit

基本性能

シャーマンの2マナ1/1ミニオン。基本トーテムを選んで出す。

選べる4色!

2マナにしては貧弱なスタッツだがトーテムを選べる。
選べるものはこちら。

・呪文ダメージ+1
・挑発
・回復
・1/1

この柔軟性はなかなかの強さ。

ミニオンを2体出せる。
横並べが大好きなシャーマンにはうれしい。

予想される運用

トーテムデッキが第一。

トーテムデッキ以外でも1/1以外の効果は有効なので意外に便利。
かといって構築に採用されるほどでもないか。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

2点

1/1というスタッツが問題。
もう少したかれば3点だった。

トーテムデッキの選択肢であろう。

世界揺さぶるグランブル

ShaSEKAIYUSABURUGURANBURU

基本性能

シャーマンの6マナ7/7レジェンドエレメンタルミニオン。他の仲間のミニオンを全て手札に戻しそのマナコストを(1)にする。

毎度おなじみシャーマンのエレメンタルレジェンド。

6マナ7/7とパワフルなスタッツ。
ただ、場のミニオンを全て手札に戻すので普通のミニオンを戻したら単純にテンポロス。
コンボを狙っていきたい。

全て雄たけび効果であるエレメンタルとは相性が良い。
マナコストが(1)になるのオズラック との相性も良い。 
原始の王カリモス とコンビを組める。
環境最後のエキスパンションなのでウンゴロのエレメンタルシナジーを押したデッキが作れるようなカードを入れてきたのか。

アヤ・ブラックポー翡翠の精霊 などの翡翠でも便利。
翡翠の再利用が強いことはローグで証明済み。

予想される運用

最もお手軽なのがエレメンタルと翡翠
どちらにしてもいつでもしっかりアドバンテージを取ってくれる。

最もポテンシャルがあるのがコンボ利用。
(1)マナのミニオンは悪いことが(相手が)死ぬほど出来ることは酒場の喧嘩で証明済み。
ただ一旦ミニオンを場に出してから手札に戻して(1)にするなどという動きを前提にしたコンボは弱いだろうか。

(追記)
ざわめきのエレメンタルファイアプルームの先遣者 を利用することで無限OTKコンボが可能だということが発見された。
クエストメイジのようなデッキが完成するかも。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

エレメンタルデッキではしっかり仕事をするだろう。

OPカードになれるかどうかはコンボの研究次第だ。

呪文

不安定な進化

ShaUnstableEvolution

基本性能

シャーマンの1マナ呪文。ミニオン1体を(1)高いミニオンに変身させる。このターン中何度も使える。

進化 の1体版。しかし何度も使える。

使えば手札に戻ってくる。
ターン終了時に消える。

進化できるのは1体なのでドッペルギャングスター との相性は良くない。

本質は何度も1マナ呪文を使えることか。
ガジェッツァンの競売人 と一緒に使えば手札があふれるだろう。

単体で腐ることがまずないカードなのでどんなデッキにも入れられる。

予想される運用

新しいデッキタイプ、ミラクルシャーマンが出来るかもしれない。

呪文の使用がトリガーとなる邪悪な呪術医 との相性もまる。
トーテムデッキでも活躍できる。

基本的に腐ることがほぼないカードだが相性を生かしたデッキに入れたい。
既存の進化シャーマンにも3枚目以降の進化 として採用されうるか。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

単体でも腐らない点が優秀かつミラクルシャーマンのコアカード。
1マナ呪文をターン中に何回も使用可能なのは犯罪クラスの強さだ。

悪いことに絶対使われるカード。

スポンサードリンク




叩き潰す巨拳

ShaCrushingHand

基本性能

シャーマンの2マナ呪文。オーバロード(3)でミニオン1体に8ダメージ。

8ダメージという巨大なダメージをわずか2マナで出す呪文。
同じ2マナのストームクラック と近い。

フレイムランス と同じダメージでほぼ確定除去と同様。
だが、宝飾のゴーレム は一撃で倒せないので注意。

オーバーロード(3)という値はサファイアの小呪文石 との相性が良い。
が、非常に重いので運用には注意。

予想される運用

オーバーロードシャーマンではお馴染みの除去カードとなりそう。

その他のデッキではオーバーロードが重いので呪術 で良い。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

オーバーロードデッキでお願いします。

スポンサードリンク




癒しの雨

ShaHealingLain

基本性能

シャーマンの3マナ呪文。全ての味方のキャラクターの体力をランダムに合計12回復する。

3マナで合計12点回復は驚異。
ダメージを受けているキャラクターには当たらないそうなので、実質ミニオンを全快させて残りはヒーロー回復する呪文。
なぜプリーストにはこういった強い回復カードがないのか。

プリーストの上級回復ポーション よりも使いやすい。

また最大12回回復が発動するのでライトウォーデン の攻撃力が最大24上がる。
rgMievWow

予想される運用

回復が欲しいデッキならばとりあえず入れてよい。
全回復カードの中で一番性能が良い。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

シャーマンは回復も最強。

スポンサードリンク




原始の護符

ShaPrimalTalisman

基本性能

シャーマンの3マナ呪文。味方のミニオンに「断末魔:ランダムな基本トーテムを1体召喚する」を付与する。

コボルトのシャーマンは基本トーテムが大好き。

魂の残響 にも似ているがこのカードはばにミニオンを残し続けることに特化している。
複数のトーテムを破壊することは結構大変だ。

予想される運用

これもやはりトーテムデッキでの運用だろう。
というかそれ以外なさそうだ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

2点

トーテムデッキでも選択肢の一つだろう。
そう都合よく使えるかどうか。

サファイアの小呪文石

基本性能

シャーマンの7マナ呪文。味方のミニオンのコピーを1体召喚する。オーバーロード(3)ごとに1段階アップグレードする。

各ヒーローに1枚ずつ存在する呪文石サイクルの一つ。
シャーマンの呪文石はミニオンのコピー。
アップグレードするごとに召喚されるコピーミニオンが1体増える。

アップグレードせずに使用する場合、無貌の操り手に劣る。
ただ1度でもアップグレードすれば唯一無二の性能
2度アップグレードすれば一気にミニオンを3体召喚出来る呪文に化ける

コピーして強いミニオンは何だろうか。

ロマンがあるのはマリゴス
マリゴスを4体並べて溶岩爆発で25点ダメージ。
他にも凍気の衝撃ライトニングボルトでも致死ダメージを与えられる。

他にはオーバーロードデッキに自然と採用できる豪雪の巨人
8/8ミニオンが4体一気に出たら次のターンには勝てそうだ。

各種バフカードとも相性が良い。
意外にシャーマンにはバフ呪文が多い。
原始融合、岩穿ちの武器、祖霊の導き、冷凍睡眠、魂の残響などなど。
また、炎の舌のトーテムで強化されたミニオンをコピーすると上がった分の攻撃力もコピーできる。

オーバーロードがきついアースエレメンタル炎まとう無貌のものドラッカリの守備兵をコピーしても悪くない。

オーバーロード(3)は実はかなり難しい。
単体でオーバーロード(3)を実現できるものはドラッカリの守備兵、アース・エレメンタルのみ(スタンダード環境)。
速やかなアップグレードを実現するためには1ターンに複数のオーバーロードカードを使う必要がありそうだ。

予想される運用

このカードを最大限に活躍させるためにはオーバーロードデッキが必要だ。

豪雪の巨人→祖霊の導き→サファイア大呪文石の動きで除去耐性のある8/8が4体並ぶ9マナコンボが出来る。
これを10マナで除去する方法はブラッドブルーム→捻じれし冥界→捻じれし冥界くらいしかない必殺コンボ。

このコンボが強いのでおそらくデッキにはなるはずだ。

他にもマリゴスデッキが試されそうだ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

新しいデッキタイプを作ろうとなるほどのパワーカード。
どのデッキにも入るカードはないがはまれば強い。
オーバーロードデッキが活躍しそうだ。

武器

ルーンスピア

SharTheRunespear

基本性能

シャーマンの8マナ3/3レジェンド武器。攻撃した後、呪文一つを発見し唱える。

呪文を込めた槍。

トートランの始原術師内蔵武器。
トートランの始原術師自体が8マナミニオンであるため、その効果が3回使える3ダメージ武器というのは破格。

発見の性質上使える呪文は自分のクラスの呪文のみ。
マナは払わなくて良いがオーバーロードは背負わされる。

シャーマンには有用な呪文から無能な呪文まで多種多様な呪文を取り揃えているので状況に合わせた呪文を使うことが出来るだろう。
特に全体除去が多いので除去としては心強い

予想される運用

進化シャーマンのようなミッドレンジデッキとはあまり相性が良くないか。
自分のミニオンを巻き込みたくない。

そもそもこの武器を3回振るということはかなり遅いデッキでの採用になるだろう。
コントロールシャーマンというデッキタイプが作られるか。

(追記)
コントロールの他にコンボシャーマンも出てきそう。
回復カードも多く追加されたのでこの武器を振り切るまで生き残ることは出来そうだ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

2点4点

遅めのデッキかつ環境が遅いならば入りうる。

全体除去としては8マナが重すぎるので対ミッドレンジ相手のカードアドバンテージ確保カードといった役割だろう。

(追記)
優秀な回復が追加されたのでコントロールシャーマンは可能。
その場合アドバンテージを非常に得れる。

ミッドレンジでも長生きできれば入れ得。

シャーマン総評

コボルトの隠者 2点
ざわめきのエレメンタル 2点
ウィンドシア・ストームコーラー 4点
世界揺さぶるグランブル 3点
不安定な進化 4点
叩き潰す巨拳 3点
癒しの雨 4点
原始の護符 2点
サファイアの小呪文石 4点
ルーンスピア 4点

4点が多いな…。

ウィンドシア・ストームコーラー はトーテムデッキのロマン枠。
ファンデッキ以上のものになるかはわからないがこのカード自体はそのデッキで強い。
トーテムシャーマンが強いかどうかは全く未知数。

万能選手は不安定な進化癒しの雨ルーンスピア
どんなデッキにも入る可能性がある。
困ったら突っ込んでおこう。

オーバーロードデッキが一気に強化された。
豪雪の巨人 を軸にしたデッキにサファイアの小呪文石叩き潰す巨拳 が入ってくる。
Tier3程度には入ってきそうだ。

エレメンタルシャーマンと翡翠シャーマンは現状維持という感じ。
ざわめきのエレメンタル世界揺さぶるグランブル はコンボデッキで使いたい。

進化シャーマンも現状維持。
弱くはないが目立って強化できるカードが見当たらない。

凍結シャーマンは生まれることなく消えた。

sheaplz

google ad 広告用スペース




google ad 広告用スペース




Google Ad 投稿記事




関連コンテンツ



-カードレビュー
-

Copyright© ハースストーン1日1枚 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。