【コボルトと秘宝の迷宮】新カード評価:クエストローグ復活か!? - ハースストーン1日1枚

あなたの暮らしに、Hearth Stone。

ハースストーン1日1枚

google ページ単位広告


Google Ad ヘッダー




Google Ad 投稿記事




カードレビュー ニュース

【コボルトと秘宝の迷宮】新カード評価:クエストローグ復活か!?

更新日:


三星です。

本日は6枚のカードが公開されました。
日本語版のカードの公開がまだですので英語版でご容赦ください。

ルビーの小呪文石

MageLesserRubySpelstone

基本性能

メイジの2マナ呪文。ランダムなメイジの呪文1枚手札に加える。エレメンタルを2枚プレイするとアップグレード。

メイジの呪文石サイクル。
アップグレードすると引く枚数が1枚ずつ増加する。
MageLesserRubySpelstoneUG
最初はおしゃべりな本 もしくは始原の秘紋 の劣化版。
最終版までアップグレードすると2マナのカバル教団の魔導書 となる。

アップグレード条件が面白い。
今まであまり活躍できなかったエレメンタルメイジを押してくる内容。
手札にこのカードがないとアップグレードできない点は注意。

わずか2マナで1段階アップグレードするだけでカードアドバンテージを稼いでくれる恐ろしいカード。
必ず1枚か2枚のアドバンテージを与えてくれるのは心強い。

予想される運用

エレメンタルメイジには必ず入ってくるだろう。
実質2マナのカバル教団の魔導書 が弱いわけがない。

ランダムな呪文はウェイゲートの開門 と相性がよい。
今のままでも十分完成されているクエストメイジだが更なる強化になるか。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

このカードの出現によってエレメンタルメイジがTier表に現れることになるだろう。
ミニオン主体の重いミッドレンジデッキとして覇権をとれるかどうか。

スポンサードリンク




パールの小呪文石

PlLessrePearlSpelstoneU

基本性能

パラティンの2マナ呪文。2/2挑発の精霊ミニオンを1体召喚する。このカードが手札にあるとき3点回復でアップグレード。

アップグレードすると4/4、6/6と成長していく。
PlLessrePearlSpelstone
1段階目の性能はフロストウルフの兵卒 と同様なので2マナ相当。
2段階目はセンジン・シールドマスタ と互換関係なので4マナ程度。
3段階目は闘技場の覇者 さんより若干強い6マナ程度。
軒並みベーシックカードから比較対象が出るなんてなんか弱そうだな…。

アップグレード条件は3点回復。
一度に回復でなくても良く、ヒーローへの回復とは限らない。
もしかしたら敵の回復トーテムでも反応するかもしれない。

2マナ6/6となると物凄いパワー。
マナコストが低い点を生かして除去をしながら出したり、他の守りたいミニオンを出しながら使おう。

予想される運用

回復を重視したデッキで採用される。
同拡張で収録された親切なラ ンプの精とは好相性。
常在効果と挑発ということで2重のシナジー。

他にもトゥルーシルバー・チャンピオン光の王ラグナロス とも相性良し。

ただ回復が多いといえどコントロールパラディンには採用されるかは微妙だ。
コントロールに欲しいミニオンはゲームを終わらせる決定力のあるミニオンか異常なアドバンテージを約束された高コストミニオン。
6/6挑発を出したところで時間稼ぎ用のミニオンにしかならないだろう。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

所詮どこまでいっても挑発ミニオンなのでゲームを壊すような活躍はしない。
回復とブラックガード のようなミニオンで盤面を制圧するデッキの優秀ミニオン枠になるだろう。

スポンサードリンク




爆発のルーン

MageExplosiveRunes

基本性能

メイジの3マナ秘策呪文。相手がミニオンを出すと、そのミニオンに6ダメージを与える。余りをそのヒーローに与える。

ダンジョンによくある罠の再現。

ミニオンを除去する秘策ということで変身ポーション と似ている。

ただあれは小型ミニオンで完全に空振りすることになるがこのカードは小型ミニオンでは自身が大きなダメージを受けてしまう。
ちなみに聖なる盾持ちでもヘルスを超えた分の余りはヒーローへのダメージとなる。

メイジ相手には小型のミニオンを出しておけばよかった秘策対策に対する嫌がらせ。
アグロ秘策メイジ相手に下手に小型ミニオンを出して顔に5ダメージ前後受ければ軽く顔面を削りきられる。

予想される運用

アグロ秘策メイジが第一候補。
小型ミニオンで顔ダメージでも美味しい、大型ミニオンのヘルスを削れるのも嬉しいとどっちに転んでも美味しい効果の安定具合。
キリン・トアのメイジ と一緒に出せば0マナ6点OP。

重いデッキになればなるほどこのカードの価値は下がる。
顔面ダメージの価値が減るためだ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

アグロ秘策メイジに入ることは確定。
正直呪文相殺 とためをはる強さだろう。
アグロ秘策メイジにとっては。

他のデッキにはあまり入らないと思われる。

スポンサードリンク




Sonya Shadowdancer

RogSonyaShadowdancer

基本性能

ローグの3マナ2/2レジェンドミニオン。自分のミニオンが死ぬとそのカードの1マナ1/1のコピーが手札に加わる。

ローグのレジェンドはいつも通り低マナレジェンド。

1/1コピーをよく作るローグにぴったりの効果。
酒場の喧嘩が好評のためたくさん実装されているのか。

効果の起動条件はカルトの教祖 と同様。
ただのドローではないため手札に加えたいカードは限られてくる。

自分のミニオンが場に残っている状態でターンを迎えなければならないので何枚も手札に加えることは難しい。
せいぜい2枚程度だろうか。

盤面を制圧されれば当然腐る。
ハイリスクハイリターン。

ローグらしいテクニカルなカードだ。
手札に加えて一番うれしいのは雄たけびやコンボ。なかでもヴァイルスパイン・スレイヤー は一級品。

予想される運用

普通のミッドレンジデッキやテンポデッキいれても弱いのでコンボを前提にして考えていきたい。

このカードと石牙のイノシシ南海の甲板員 を組み合わせると1/1突撃をマナの分だけ出すことができる。
10マナで使えば7点振り分け火力。
驚異の制圧力だ。

更にここに地底の大洞窟 が加わると宇宙。
5,6ターンで再びクエストが成立する時代が到来するか。

翡翠や断末魔ローグでも効果を発揮する。
2マナの翡翠の鎌刀 とは相性抜群。
断末魔は比較的盤面に残りやすいのでそれもこのカードにあっている。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

4点

クエストローグ再興の急先鋒。
翡翠や断末魔ローグでの戦力。
突撃ミニオンとの組み合わせによる制圧、コンボや雄たけび再利用など色々な場面で使えるかもしれない。

スポンサードリンク




Arcane Artificer

MageArcaneArtificer

基本性能

メイジの1マナ1/2エレメンタルミニオン。呪文を使うたびにそのマナコストと同じ分だけ装甲を得る。

実質的な1マナ回復呪文。

回復として有効に使うためには10マナまで耐えてから使いたい。
それでもせいぜい8点ほどの回復だろう。

8点しかないとしてもメイジの貴重な回復カード。
しかも1マナ。
アイスバリア くらいしかないメイジにとっては嬉しい。

更にエレメンタルということもポイント。
ルビーの小呪文石などが入るとエレメンタルメイジは長期戦でも戦えるようになる。
その事実とこの回復はピンポイントで入ってくる可能性がある。

予想される運用

まずはエレメンタルメイジで試されるだろう。
今回の公開でエレメンタルメイジは将来有望だ

次にコントロールデッキ。
特にクエストメイジあたりだろうか。
回復は対アグロでほしかったものだが、このカードで間に合わせることが出来るか。

ただ回復という特性上必要かどうかは相手デッキに左右される。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

2点

回復カードとしてはもちろん優秀なのだが環境によって入ってくるカード。

最初に入れられだんだんと抜かれていくだろう。

スポンサードリンク




記録保管大臣

NewGrandArchivist

基本性能

中立の8マナ4/7ミニオン。ターン終了時に自分のデッキから呪文一つを唱える。ただし対象はランダム。

トートランの始原術師 亜種。
こちらはターン終了時にデッキから使用する。
使用されたカードはデッキから無くなるかは不明。

普通にこのカードを使った場合、単体除去がこのカードに飛んで終わりという不幸な事故が起こるだろう。
TOMITAKE_IYAnaJIKEN

このカードを入れるということは専用の構築が求められる。

予想される運用

公開された記事にもある通りバーンズ →このカード→マナ踏み倒し呪文というコンボが強い。

が、このデッキも所詮はバーンズヤシャデッキの亜種程度だろう。
あれ、それどころかミニオンは入れられず呪文は選別しなければいけない。
作れるのかそんなデッキ…。

別方向で性悪な召喚士やワタリガラスの使い魔をいれた高マナ呪文デッキでの活躍を期待したい。

一緒に使いたい呪文は荒野の呼び声
挑発が一緒に出てきて良い感じ。

点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

これから出てくるカード次第なところもあるけれど、高マナ呪文デッキはとりあえず成立しそうだ。
ただ環境が十分に遅くなってくれないと力を発揮できないのでそれに期待しよう。

sheaplz

google ad 広告用スペース




google ad 広告用スペース




Google Ad 投稿記事




関連コンテンツ



-カードレビュー, ニュース
-

Copyright© ハースストーン1日1枚 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。