【コボルトと秘宝の迷宮】新カード評価~ドルイド~【新拡張】 - ハースストーン1日1枚

あなたの暮らしに、Hearth Stone。

ハースストーン1日1枚

google ページ単位広告


Google Ad ヘッダー




Google Ad 投稿記事




カードレビュー

【コボルトと秘宝の迷宮】新カード評価~ドルイド~【新拡張】

更新日:



三星です。ジャスパーの小呪文石。
Blizzconにて発表された新拡張のカードのレビューを早速やりたいと思います。
当たるも八卦当たらぬも八卦。

スポンサードリンク




基本性能

ドルイドの1マナ呪文。ミニオン1体に2ダメージを与え、手札にあるときに装甲を3獲得ごとにアップグレードする。
1回アップグレードすると4ダメージ、2回で6ダメージ。マナは据え置き。

1マナで2点というと聖なる一撃や今はなき生きてる根相当のダメージなのでこれだけでも使いやすい。ただ相手ヒーローには打てない。
1段階アップグレードで1マナ4点というディスカードのない魂の炎相当。ただ相手ヒーローには打てない。
2段階アップグレードで1マナ6点というファイアーボールのお株を奪う前代未聞のカード。ただ相手ヒーローには打てない。

装甲を3獲得がアップグレード条件だが、例えば1ターン中に6や9獲得したらその分更にアップグレードするのかどうか不明
また、毎ターンヒロパで装甲を1ずつ獲得し累計3でアップグレードするかも不明
ただ動画では1ターン中にヒロパ(装甲+1)+爪(装甲+2)での合計3でアップグレードしていた。

1マナ2点呪文としては若干弱いかなってところ。

打点にはならず小回りの利く除去呪文。
余った1マナでヘルス4や6を倒すことが出来るとしたらかなり強い
特にヘルス5以上はドルイドは苦手としていたので6点を出せる可能性があるのは大きい。

どれくらいアップグレード出来るかが運用のカギとなる。

スポンサードリンク




予想される運用

装甲を獲得するカードで現在使われているものは、魔蝕の病霜マルフュリオン、大地のウロコ、究極の侵蝕、妖獣の激昂といったところか。

このカードのために、爪、噛み付き、ギギギなどをデッキに入れるだろうか。
これらのカードは単体ではあまりに弱いのでジャスパーの小呪文石のためにデッキに入れることは考えづらい。
ただ、このカード以外に装甲とシナジーを生むカードが後々出てくれば新しいデッキタイプに採用される可能性はある。

というわけでこのカードはランプドルイド、翡翠ドルイドなどの回復を装甲に頼るデッキにて除去枠として採用されるだろう。
競合するのは自然の怒り、スペルブレイカー、スワイプなど。
しかし、役割がそれぞれ全く違うので環境に2点で倒せるミニオンがどれだけ出てくるかも重要になってくる。
例えば2マナ3/2のミニオンが流行ればドルイドがこれを採用する理由も増えるだろう。

スポンサードリンク




点数

4段階評価
4:強いからどのデッキにも入るorこのカードを軸にしたデッキが作られる
3:特定のデッキには優先的に入る
2:環境によっては入る
1:消極的な採用

3点

ランプドルイドなどのコントロール気味のデッキでは小回りの利く除去は必要とされている。
例えば、野生の繁茂を唱えながら相手のミニオンの除去もできればアグロミッドレンジ相手にぐっと勝利に近づくだろう。
ということで3点
魔蝕の病霜マルフュリオン、大地のウロコ、究極の侵蝕、妖獣の激昂を自然と採用できるランプドルイドにて活躍するだろう。

スポンサードリンク




まとめ

1マナ2点除去呪文
装甲回復が自然と入るコントロール気味のドルイドには自然と入る
点数は3点。活躍期待。

sheaplz

google ad 広告用スペース




google ad 広告用スペース




Google Ad 投稿記事




関連コンテンツ



-カードレビュー

Copyright© ハースストーン1日1枚 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。